スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カワセミ
- 2015/01/19(Mon) -

とある日、街中の用水路でカワセミを見かけたので後日行ってみることにしました。
午前11時、カワセミはいません。とりあえず他の用事を済ませ、午後3時半、もう一度行ってみるといました。
ここは、段差がちょうど用水路の水溜りみたいになっている所で、20センチくらいの深さになっていて魚を狙っているようです。
割と近くまで寄っても逃げない子です。車から降りると人として認識されてしまうので、車の中からの撮影です。(オンマウスで別画像)

この時期、午後3時半といえば、動きのあるトリ撮りとなると既に明るさが厳しくなっていますね。
この場合、いろいろ設定を変えて何とか撮ろうとするのですが、ここからが苦労の始まりです。
まず妥協するのは絞り、少しシャープに撮りたくても構わず開けていきます。
設定を変えるのは全てシャッタースピードを確保するためですが、動きのある物はある程度のシャッタースピードが無いとブレてしまい、この線は譲れないのです。ここまでは大きな画崩れは無く、納得の範囲内です。
この明るさだと例えば1/640位のスピードを確保した場合、時間が進むにつれ次第に画像が暗くなっていきます。その場合、最後の手段として感度を上げていきます。
しかし、感度を上げると画像がザラついてしまい、ここまで行くと例えベストアングルで撮れるとしても少しテンションが下がっていきます。感度は上げたくないですね。勿論、静物となるとシャッタースピードは気にする必要は無くなり、設定の優先順位は変わっていきますが・・・。(オンマウスで別画像)



結果、撮った画像を見てみるとアレッという物の連続となります。最近、時期的なものもあって、暗めの画像しか撮れていませんね。
この後、高さ20センチ位の足場から飛び込んで見事小魚をゲットしました。(オンマウスで別画像)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | トリ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。