大和ミュージアム
- 2011/10/03(Mon) -

てつのくじら館を出て次は大和ミュージアムに向かう。正面入り口脇に巨大な41センチ「陸奥」主砲身が展示してある。オンマウスで別画像

入ると1階の大和ホールに10分の1の「大和」が。 10分の1という事は逆に実物の大きさを想像させるに十分。オンマウスで別画像


19年以降の対空火器強化型。 12.7センチ連装高角砲や25mm3連装機銃が所狭しと並ぶ。オンマウスで別画像


隣は零戦、特攻兵器「回天」、特殊潜航艇「海龍」などが展示してある大型資料展示室。オンマウスで別画像


琵琶湖から引き揚げられた最後期型の六二型。オンマウスで別画像


実際見た零戦は想像以上に大きかった。 栄三一甲型発動機。オンマウスで別画像


三式13.2mm機銃と九九式二号20mm機銃、想像以上にでかい。 分厚い鉄の塊のようだ。

自分の理想とは無関係に運命の渦に翻弄される戦争の恐ろしさを改めて感じさせてくれた。オンマウスで別画像



◎ブログ村ランキング参加中ポチッとお願いします←
ブログランキング・にほんブログ村へ














スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |