石見銀山1
- 2010/05/14(Fri) -
今年はとうとうギフチョウを見損ねたので、来年の下見も兼ねて島根方面に出かけてみた。帰り、すぐ近くに前から行ってみたいと思っていた世界遺産、石見銀山があったので寄ってみることにする。
石見銀山公園駐車場から龍源寺間歩(坑道)まで徒歩で40分程かかる。途中色んな史跡があるがその一つ清水谷精錬所跡に寄ってみる。ここは明治28年に作られたが僅か1年半で操業を停止したそうだ。オンマウスで別画像
どういう仕組になっているのかは判らないが幾段にわたって石垣が組んである。オンマウスで別画像


更にそこから15分位山道を登っていくと選鉱場跡がある。すると、右奥の方から何やら動物が走って来て石垣の穴の中に飛び込んでいった。初め、タヌキかと思ったが体型が何かおかしい。穴の中を撮ってみるとやはりタヌキではない。ああ、これがあのハクビシンかと思い、帰って調べてみると何か顔が違う。どうやらニホンアナグマという動物らしい。今までニホンアナグマという動物がいる事自体知らなかった。珍しいものが見れてここまで来た甲斐があったというもの。オンマウスで別画像


選鉱場跡。オンマウスで別画像


その手前の斜面にある落下シュート跡。オンマウスで別画像


更にそこから少し登ると蔵之丞抗という坑道があり、ここで引き返し龍源寺間歩(坑道)に向かう。つづく・・。オンマウスで別画像



◎ブログ村ランキング参加中ポチッとお願いします←
ブログランキング・にほんブログ村へ









スポンサーサイト
この記事のURL | 風景 | ▲ top
| メイン |