鯉ヶ窪の植物
- 2008/06/15(Sun) -

6月上旬に訪れた鯉ヶ窪湿原にて。 ちょうど花の少ない時期ですが、それでも色々な虫、動植物を見ることが出来ます。(オンマウスで別画像)

カムリタケ。 湿地に積もった枯れ葉から栄養をとるキノコ。 傘が鮮やかな黄色です。


切り株の上にまん丸なキノコが。


ヤマボウシ。 大きなヤマボウシの木が花を沢山つけて見事でした。 ハナミズキとよく似た花をつけますが、花期がこちらのほうが1月ほど遅い。(オンマウスで別画像)


こちらは薄暗い林内に生えていたギンリョウソウ。(オンマウスで別画像) 


見た目も変わっていますが、葉緑素を持たず菌類に寄生し菌経由で栄養を得るという腐生植物。 白銀色に輝く不思議な雰囲気の草本です。(オンマウスで別画像)

ランキング参加中ポチッとお願いします
スポンサーサイト
この記事のURL | | ▲ top
| メイン |