スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スカシヒロバカゲロウ
- 2008/01/10(Thu) -

9月頃、川の側の林の木の幹でスカシヒロバカゲロウを見かけました。 体長15mm程で、オレンジ色の頭部をもち、半透明の大きな翅に網目状の細かい翅脈が目立ちます。 特殊な匂いがするそうですが分かりませんでした。 幼虫は水生で、渓流の砂中で生活するそうです。(オンマウスで別画像)


ヒロバカゲロウ科の仲間で、川の側の林内などで4~9月頃見られます。 2枚目は、色違いで見た目が似ている、同じ脈翅目でクサカゲロウ科のクサカゲロウ。(オンマウスで別画像) 

ランキング参加中ポチッとお願いします
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<イチモンジセセリ | メイン | ゴマダラチョウ>>
コメント
--
とても面白いです.

小さい体ととても大きい翼^^
2008/01/10 23:22  | URL | kuma #-[ 編集] |  ▲ top

-カゲロウ-
 こんばんは。
カゲロウはよく見ますが、小さいこともあり、詳しく見たことはありません。
頭部の大きさに比べて、目が大きいのですね。
このような写真を見ていると、早く春が来てほしいと思います。
今年は、いろいろな昆虫の写真を撮りたいと思っています。それまでに、技を磨いておかないと・・・。
これからもよろしくお願いします。
2008/01/11 00:57  | URL | nanahusi #-[ 編集] |  ▲ top

-kumaさま-
kumaさん、こんばんは。
とても大きく見えますが実際は小さな虫で、
あまり目立つ存在の虫ではありません。
でも羽の柄がうろこみたいで迫力がありますね。
それにしても透けてる本体は細いですねー。
2008/01/11 19:42  | URL | コモレ日和 #-[ 編集] |  ▲ top

-nanahusiさま-
nanahusiさん、こんばんは。
カゲロウの仲間はたまに見かけてもあまり目立つ存在ではないですね。この季節では小さい虫でもありがたい存在なのですが。
近頃は外で、全くといっていいほど昆虫の姿を見かけなくなり寂しいばかりです。
出かけても目ぼしい成果は得られず、全く関係ないものを撮ったりして、撮影意欲もなかなか沸いてきませんが、あと2ヶ月もすれば虫達もまた動き出すのでしょうね。
それまで暫くは植物や風景写真中心になりそうです。
2008/01/11 19:54  | URL | コモレ日和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
クサカゲロウはよく見ますが スカシヒロバカゲロウはあまりみかけません。

幼虫がアリジゴクと呼ばれているウスバカゲロウの仲間とは違うのですよね?

2008/01/12 14:43  | URL | pole pole #0/9lwY.w[ 編集] |  ▲ top

-pole pole さま-
pole pole さん、こんにちは。
仰る通りで、クサカゲロウが人家周辺の草地でも見られるのに対して、ヒロバカゲロウ科の仲間は水生なので渓流の側の薄暗い林などで見られるようです。
実際見たのもこんな場所でした。
見たことはないのですが、クサカゲロウの卵は「優曇華の花」と呼ばれているそうです。
有名なアリジゴクのウスバカゲロウは同じ脈翅目の科違いで近い親戚です。
でも、ウスバカゲロウは一度見たことがあるのですがびっくりする位大きくなりますね。
URLをクリックしてみて下さい。
2008/01/12 15:53  | URL | コモレ日和 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://269417.blog111.fc2.com/tb.php/186-e23a79ee
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。