ゴマダラチョウ
- 2008/01/09(Wed) -

9月頃、海岸の石の上でゴマダラチョウを見かけました。 クヌギなどの樹液を吸い、雑木林や人家周辺でも見られ、近縁種のオオムラサキと同じような場所で本種も観察できるそうです。 近くに「オオムラサキの里」というのがあり、国蝶のオオムラサキを保護、羽化させている場所があって、去年はそこを思い出した時は時期を少し過ぎていて見れなかったので今年は見てみようと思います。(オンマウスで別画像)


吸水中でしょうか。 成虫は5~10月頃見られ、幼虫はオオムラサキと同じエノキの葉を食草とし、枯れ葉の下で越冬します。(オンマウスで別画像)


ちなみに、過去の写真を整理していたら見覚えのあるチョウの写真が・・。 これは・・先日アップしたムラサキシジミ、ナガバヤブマオの葉も青々としている雰囲気から恐らく夏頃だと思いますが・・。(オンマウスで別画像)

ランキング参加中ポチッとお願いします
スポンサーサイト
この記事のURL | チョウ、ガ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<スカシヒロバカゲロウ | メイン | 烏ヶ山2>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://269417.blog111.fc2.com/tb.php/185-82d83434
| メイン |