烏ヶ山2
- 2008/01/08(Tue) -

11月中頃、以前登った烏ヶ山を今度は反対側のルートから登ってみました。 鏡ヶ成キャンプセンター前の登山口から出発です。 立て看板の地図をアップしてみました。 前回登ったのは赤い矢印の往復ルート、今回は水色の矢印のルートです。 前回の鍵掛峠下の健康の森入口からは3時間ほどかかったのですが、今回は1時間30分程、ほぼ半分の時間で登れます。 丸い×印が平成12年の鳥取西部地震の際に崩落した箇所です。(オンマウスで別画像)


この日は晴れの予報でしたが、着いてみると曇り空で今にも雨が降り出しそうでした。 どうしようか迷っていると、ちょうど登られる方がいたので同行することに。 初めてのルートなので心強い。(オンマウスで別画像)

山中は濃い霧で眺望はなし。 1時間ほど登ると山頂が見えてきました。 烏ヶ山の山頂付近はいつ見ても険しい雰囲気です。(オンマウスで別画像)


山頂(1448m)に着きました。 今来た道を振り返ってみても霧で全く見えません。(オンマウスで別画像) 


復路は新小屋峠を目指し、往路とは違うルートを進みます。 崩落箇所の脇を通って戻ります。 深い笹と霧でうっそうとした雰囲気です。(オンマウスで別画像)


このルートは一箇所だけ分岐があるのでこの三叉路を右に曲がります。 途中、ツルシキミのような赤い実が。 似ていますが何の実でしょう。(オンマウスで別画像)


1時間強で新小屋峠に到着。 前回のルートに比べると本当にあっという間です。 ここから暫く45号線を歩いてキャンプセンターまで戻ります。 この日の烏ヶ山は雨は降らなかったものの曇天で始終濃い霧がかかっていました。(オンマウスで別画像)
烏ヶ山のライブカメラはこちら。

ランキング参加中ポチッとお願いします
スポンサーサイト
この記事のURL | 登山 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ゴマダラチョウ | メイン | ヤマトシリアゲ>>
コメント
--
わわ~ 曇っていて辺りが見えないというのは不安ですね~
霧が立ち込めて迷子になるというお話はよく聞きますが 地図に明るい人とごいっしょでよかったです。

にしてもとても険しそう!
そんな中に赤い実はほっとされたことでしょうね。
ミカン科の植物であることは間違いないでしょうが 私にはツルシキミだかミヤマシキミだか みたことがないのでよくわかりません。
2008/01/08 23:02  | URL | pole pole #0/9lwY.w[ 編集] |  ▲ top

-pole poleさま-
pole poleさん、こんばんは。
この日は着いてみると今にも雨が降り出しそうでしたので帰ろうかどうかと迷っていました。
他に登山者がいなければ帰っていたところでした。
山道には既に所々雪が残っていました。
帰りは1人で、濃い霧で笹も茂り、初めてのルートでしたのでちょっと不安でした。
赤い実はやはりミヤマシキミかツルシキミ辺りでしょうか、葉を見るとミカン科で間違いないと思うのですが・・。
2008/01/09 07:31  | URL | コモレ日和 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://269417.blog111.fc2.com/tb.php/184-0d264fe0
| メイン |