ヤマトシリアゲ
- 2008/01/07(Mon) -

8月頃、雑木林の葉上にて、目立つ黒班の翅を持つ虫がいました。 ヤマトシリアゲです。(オンマウスで別画像)


長い口のような特徴的な顔を持ち、あまり種類の多くないシリアゲ科の中でも最も普通に見る種です。 死んだ昆虫の体液などを吸うようです。 オスの腹端は、はさみ状になっていてクルリと巻き上げているのでシリアゲ、この個体はメスのようです。(オンマウスで別画像)


4~5月頃発生するものは全体的に黒く、7~8月頃発生するものはベッコウ色で以前はベッコウシリアゲとして別種とされていたようです。(オンマウスで別画像)

ランキング参加中ポチッとお願いします

スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<烏ヶ山2 | メイン | ムラサキシジミ>>
コメント
--
ああ....翼の図案は相互....symmetrical-o-

すみません、その単語がどのように言うべきだったことを知りませんv-285
2008/01/07 21:18  | URL | kuma #-[ 編集] |  ▲ top

-kuma さま-
kumaさん、こんばんは。
翼の模様はきれいに対照的ですね。
でも、模様は個体によって少し違うこともあるようです。
この模様にどんな意味があるのでしょう。
おもしろいですね。
2008/01/07 21:51  | URL | コモレ日和 #-[ 編集] |  ▲ top

-名前だけは・・・-
 こんばんは、コモレ日和さん。
 シリアゲというのは、名前は聞いていたのですが、見るのは初めてです。
 いつも初めてのことばかりで、昆虫も植物も、世界が広いですね。
 いつも思うのですが、写真が美しい。このような画像を載せたいのですが、写してきて、パソコンで見ると愕然としています。
 これからもよろしくお願いします。
 
2008/01/08 01:34  | URL | nanahusi #-[ 編集] |  ▲ top

-nanahusi さま-
nanahusiさんこんにちは。
ヤマトシリアゲは北海道でも見れるようです。
まだまだ昆虫も見たことのない種類が多いので、今年は出来るだけ出現時期を見ておいてその時期を把握しておきたいと思います。
でも、雪の中の撮影はまともに落ち着いて撮るのは至難の業だと思います。何とかおさえるのがやっとという感じではないでしょうか。



2008/01/08 18:07  | URL | コモレ日和 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://269417.blog111.fc2.com/tb.php/183-53f2c1c0
| メイン |