船通山
- 2007/11/22(Thu) -

10月下旬頃、島根県横田町にある船通山に登ってきました。 トイレと東屋のある登山口そばに車を止め、さっそく登り始めます。登り始めるとすぐに健脚コースと一般コースに分かれるので、ここで健脚コースを選択。(オンマウスで別画像)


暫くすると避難小屋があります。 そしてさらに進むと、昔、祭祀が行われていた天狗岩があります。(オンマウスで別画像) 


天狗岩の上から。 そのそばに水汲み場があります。(オンマウスで別画像)

しばらくこのような山道を登っていくと国の天然記念物の大きなイチイの木が。(オンマウスで別画像)


山頂に到着。 大きな石碑があります。(オンマウスで別画像)


登山口から1時間ほど。 山頂は開けた野原のようになっています。 日曜日だというのに誰もいませんでした。 山頂の側に小屋のようなものが。 山を整備するための納屋のようです。(オンマウスで別画像)


山頂に稔っていたキャラボクの実。 イチイにそっくりですが、低木で葉が放射状につく。 イチイ同様、果肉は食べられますが、種など、果肉以外は有毒成分があるので注意。(オンマウスで別画像)


拡大地図を表示

ランキング参加中ポチッとお願いします
スポンサーサイト
この記事のURL | 登山 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<船通山の花 | メイン | ヒメキマダラセセリ>>
コメント
-緑の山が・・・-
 こんばんは、コモレ日和さん。
いつも写真を見て、ホットしています。
緑の森と、開けた風景が気分爽快です。
イチイの木も時の流れを感じさせます。
オンマウスで出てくる写真に期待が膨らんでいます。
函館は、真冬日でした。最高気温マイナス1.7度、
最低気温マイナス5.7度、緑の山が恋しいです。
2007/11/22 22:38  | URL | nanahusi #-[ 編集] |  ▲ top

-nanahusiさま-
こんばんは。
天然記念物に指定されているこのイチイの木は樹齢千年と言われています。千年といえば平安時代ですねすごい。
山には雪が積もるようになってきましたが低い山を見つけてあと1~2回登ろうと思っています。
こちらは最低気温でも7℃位でしょうか、それでもすごく寒く感じてしまいます。日中でも暖房が欠かせなくなってしまいました。
暑いのはいくら暑くても平気な方なのですが寒いのがだめなので冬は苦手です。去年は暖冬だったのですが今年の冬は冷え込むのかもしれないですね。
2007/11/22 23:48  | URL | コモレ日和 #-[ 編集] |  ▲ top

--
赤い実はイチイではないのですか?
ちょっと甘くてヌルッとしているヤツ。
いろんな種類があるのですね。
2007/11/24 07:16  | URL | ピンピンシニア #-[ 編集] |  ▲ top

-ピンピンシニアさま-
ピンピンシニアさまこんにちは。
イチイとおっしゃるのも無理はありません。キャラボクは中国山地特有の木本で、このあたりの山に登るとたまに見かけます。
イチイ科イチイ属で非常に近く、特徴はイチイが葉をほぼ平行に2列つけるのに対し葉をまばらにつけ、低木であまり大きくならないことです。ただ、実をみると全く同じです。
有名なのは大山山頂のキャラボクの群落が特別天然記念物に指定されています。
しかし、もし、イチイが低木の頃、こういった葉の付き方になるのであればその限りではありませんのでその際はご指摘くださいませ。
なお、参考までにちょっと引きで撮った画像を添付しました。URLをご参照下さいませ。

2007/11/24 13:18  | URL | コモレ日和 #TY.N/4k.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://269417.blog111.fc2.com/tb.php/141-f7cebb51
| メイン |