ハグロトンボ
- 2007/07/14(Sat) -


庭に今年も現れました。 ハグロトンボです。 すっかりこの時期、庭の常連です。 (オンマウスで別画像)



毎年庭に現れるこのトンボ、まだ名前を知らなかった頃は自分は勝手に「クロンボ」と呼んでいました。 (オンマウスで別画像)



庭の木々の日陰の辺りを通るとハグロトンボが2~3匹ヒラヒラと逃げ回る光景をよく目にします。
翅は濃茶の半透明で下の葉が透けて見えます。 似たものにアオハダトンボがいますが体が更に鮮やかな青緑色です。(オンマウスで別画像)



10月頃まで見られます。 ハグロトンボが庭から姿を消すと、本格的な秋の深まりを感じます。(オンマウスで別画像)



アップにすると結構ワイルドな顔つきですねぇ。(オンマウスで別画像)

夏について・・・。 夏は大好きな季節なのですがその短さをいつも残念に思っています。 本格的な夏が来たと思った時には既に秋の気配が後ろに迫って来ていて、8月中頃には日中の暑いさなかに一瞬吹く風の涼しさに「あっ」と思い、周りを見渡して見るといつの間にか真夏の勢いを失った景色に少し寂しさを感じたりします。

それを回避するために、毎年、自分の中の「夏」の意識を少し前にずらすように心掛けているのですが、梅雨などが邪魔してなかなかその感覚を見失ったりしてしまいます。 今年などは連日雨続きでなおさらで、梅雨が明ければ7月は終わり、もう8月です。すると真夏と呼べる期間は2~3週間しかありません。 だから自分の中の理想としては6月頃からもう夏、7月に入ればもう真夏と思いたいのですがなかなかそううまくはいきませんね。 夏という季節は本当に乗りづらい。

ポチッとお願いします



スポンサーサイト
この記事のURL | トンボ | TB(0) | ▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://269417.blog111.fc2.com/tb.php/14-ab236326
| メイン |