スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
烏帽子山
- 2007/10/30(Tue) -

今回は、隣の烏帽子山に向かいます。 御陵にある水受けのある岩。 途中、登山者の組とすれ違う。 自分とはコース逆回りの組。(オンマウスで別画像)


途中、この様なキク科の花が沢山咲いていました。 ヤマシロギクでしょうか。(オンマウスで別画像)


一枚目はシロヨメナ。 二枚目はノコンギクでしょうか。 キク科の花は似たような物が多くて分かりづらいです。 また、ヤマシロギクとシロヨメナは同じ物とする説もあります。(オンマウスで別画像)


こちらはよく見かけたアキノキリンソウ。 春に咲くキリンソウに対し、秋に咲く麒麟草という意味で、花が泡立つように咲くことから別名アワダチソウとも言います。 黄色が鮮やかでなかなか綺麗な花です。(オンマウスで別画像) 


途中、敷板の上を通り過ぎた時、今何かいたような気がして振り返ってみると蝶らしきものが。 寒さで動きが鈍いのでしょうか、大きなヒオドシチョウです。 成虫で越冬するので春先から見られます。 確実にチョウの上を通り過ぎたような・・・、近くで写真を撮っていると飛び去って行きました。(オンマウスで別画像)


烏帽子山山頂に到着。 開けた場所でベンチがあります。 人は誰もいませんでした。(オンマウスで別画像) 


このような、条溝石と言われ比婆山一帯で数多く発見されている巨石には不思議な溝が規則正しく刻まれ、呪術習俗の跡ではないかとする説があります。 烏帽子山から見た毛無山。 次回はここに向かいます。(オンマウスで別画像)


ツリガネニンジンの薄紫色の花が咲いていました。(オンマウスで別画像)


ツルリンドウの実。 なんだか美味しそう。 花冠から突き出すように紅色の実を稔らせます。(オンマウスで別画像)

ランキング参加中ポチッとお願いします
スポンサーサイト
この記事のURL | 登山 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<出雲峠 | メイン | 比婆山>>
コメント
-こんばんは-
野菊の区別は難しいですね。
そちらには東日本には無い野菊も何種かあって大変そうですね。
まだヒオドシチョウがいましたか、何となく寒そうですね。
そろそろ蝶たちも冬ごもり、寂しくなりますね。
2007/11/01 00:48  | URL | KAZ #-[ 編集] |  ▲ top

-KAZさま-
野菊の区別には本当に混乱してしまいます。
見れば見るほどわけが分からなくなるほどです。
ヒオドシチョウが見れたのはラッキーでした。
つい先日、山に行ってきたのですが、そこで見かけたのはキアゲハ、キタテハ、ヒメアカタテハ、ルリタテハです。
キタテハだけはこれでもかと言う位いました。
山などに出かけても見かける昆虫は少なく、昆虫観察もままならない季節になってしまいました。

2007/11/01 01:28  | URL | コモレ日和 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://269417.blog111.fc2.com/tb.php/123-d958cb99
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。