スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大山
- 2007/10/09(Tue) -

先日、鳥取県にある大山(1709m)に登ってきました。 車で3時間ほど走り、大山が見えてきました。(オンマウスで別画像)


切り立った岩肌が荘厳さを感じさせます。 今回で17回目となる大山。 最も一般的な夏山登山道は最初、このような石段を上がって行きます。 もう下りてくる人がちらほら見えます。(オンマウスで別画像)


それから、この様な勾配のきつい道を延々と登って行きます。 実は今日、家を出るのが遅く、写真を撮りながら来たので、登り始めたのが12時ジャスト。 ほとんど最後尾でした。 暗くなると写真が撮れなくなるのでちょっと焦ります。(オンマウスで別画像)


暫くすると、大山の主峰の山々の頂が見えてきます。 こちら側は1~3枚目の画像の反対側の斜面です。 大山は一つの山を指すのではなく、いくつかの一連の山を指す名称です。2枚目は主峰の一つ三鈷峰(1516m)。(オンマウスで別画像)


六合目非難小屋に到着。 この時点で、もうかなりの人が下りてきます。(オンマウスで別画像)


そこからまた、山頂を目指し登り始めます。 大山は山頂付近まで、ずっと勾配のきつい道が続きます。 ナナカマドが赤い実をつけていました。(オンマウスで別画像)


振り返るとこんな感じ。 眼下に米子の町、そして日本海(美保湾)が見えます。 後半に続く・・・。(オンマウスで別画像)
大山のライブカメラはこちら。


拡大地図を表示


ランキング参加中ポチッとお願いします
スポンサーサイト
この記事のURL | 登山 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<大山 後編 | メイン | 白いヒガンバナ>>
コメント
-険しくて-
ダイナミックな山ですねe-2
あの山肌、そそられます~e-343
急勾配の登り、血が騒ぎます~v-106
でも、皆さん軽装で(しかも、まだ半袖だわ^^;)、誰でも気軽に歩ける山みたいですね。
コモレ日和さんは、大山には、もう17回も登られているんですか。
きっと、何度でも登りたくなる‥そんな人を惹き付ける魅力的な山なんでしょうねe-420
2007/10/09 19:42  | URL | えぞ紫 #Daue0bC6[ 編集] |  ▲ top

--
はじめまして~
山はいいですね^^昔はよく登りました・・・
いつも 登りは「なんでこんなきっついことしてるの?」ってブチビチ言いながら 頂上に着くと「ホィェー この絶景何物にもかえがたい」なぁ~んて かなりえてかってな私でした(;;

素晴らしい風景画を いっぱい見せてください^^
よろしくおねがいします^^
2007/10/09 21:18  | URL | Jenifer #VqXruvdA[ 編集] |  ▲ top

-えぞ紫さま-
大山は中国地方ではメジャー中のメジャー。
ここには、老若男女を問わず多くの人が登ってきます。
また、年配の方でも達者な人も多く、ペースも信じられない位速かったりします。
この日は暑く、長袖、長ズボンはきつい位でした。
17回目と言っても少しブランクがあったので、帰りは足プルプルで次の日ひどい筋肉痛でした。
しかしこの大山、メジャーといっても安全なのは一般的な夏山登山道だけで、それ以外のルートは危険なのです。
一般的なルート以外は、足を踏み入れないほうがいいといった険しい一面も持っています。
2007/10/09 22:59  | URL | コモレ日和 #-[ 編集] |  ▲ top

-Jeniferさま-
初めまして、コメントありがとうございます。
山頂での景色、そこで味わうコーヒーとタバコが最高なんですよね。こればっかりは苦労して登らないと味わえません。

写真を見ることによって、行った事のない景色を見て楽しめるというのはうれしい事ですよね。
これから冬に向かい、出かけた先での何気ない風景や目に留まったものなどを載せていきたいと思っています。
2007/10/10 00:13  | URL | コモレ日和 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://269417.blog111.fc2.com/tb.php/104-dd4af6e7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。